地 域 生 活 支 援 拠 点


各務原市基幹相談支援センター すまいる

https://www.city.kakamigahara.lg.jp/kenkofukushi/shogaisha/1002586/1002591.html
 福祉サービス全般に関すること、日常生活に関すること、就労に関することなどあらゆる相談
 障がいのある方が地域で安心して暮らしていけるよう、相談支援事業所や関係機関と連携して総合的な相談にのります。 また、家族や施設、会社などからの身体的・心理的虐待などを受けた場合の相談窓口「障がい者虐待防止センター」も担っています。(下図参照)

【住所】各務原市役所1階 社会福祉課西隣
【電話】058-389-7111


(「各務原市障がい者スマイルプラン」より)

各務原市社協生活相談センター さぽーと

(各務原市社会福祉協議会)

http://kakamigahara-shakyo.jp/support
 各務原市の委託をうけ生活困窮者の相談を行っています。
 生活の悩みや経済的な困りごとについて、社会福祉士などの相談員が相談者と一緒に考えたり整理しながら、生活を立て直したり、困りごとの解決をお手伝いします。具体的には_
  ・仕事がなかなか決まらない。
  ・働きに出る自信がない、仕事が長続きしない。
  ・職にも就かず、外出もしない子の将来が心配。
  ・収入が不安定で生活費に困っている。
  ・借金が多くて悩んでいる。
  ・病気になって働けなくなった。
  ・認知症の家族の介護が不安、成年後見制度について知りたい。
  ・悩みがあるが、どこに相談してよいかわからない。

(各務原市社会福祉協議会のホームページより)
    ⇒社協相談センターチラシPDF

【住所】各務原市那加桜町2-163(総合福祉会館2階)
【電話】058-383-7610
【E-mail】shakyo@chive.ocn.ne.jp

地域支援センター/各務原特別支援学校

https://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisei/shisetsu/1005548/1005585/1005588.html
 発達障がいのある児童生徒の保護者や教員の悩み・相談に応じる相談事業、発達障がいや障がい者の就労について各学校の教職員、保護者向けに行う研修事業、障害者の就労や転職・職場への定着の支援を行う追指導事業を行っている。 各務原特別支援学校内に設置され、直通電話もある。

【住所】各務原市那加雲雀町1(各務原特別支援学校内)
【電話】058-383-2455(直通)
     ⇒各務原特別支援学校


教育センター「すてっぷ」

https://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisei/shisetsu/1005548/1005585/1005586.html
 学校や家庭での悩みごとに電話・来所どちらも対応。(来所の前に電話すれば対応がスムーズに)
 保護者・市民・小中学生に学びの場を提供するため、各種講座が行われている。

【住所】各務原市那加門前町3丁目1番地3 各務原市立中央図書館4階
【電話】058-383-7290

各務原市福祉の里

(社会福祉法人 各務原市社会福祉事業団)

http://kakamigahara-fukushi.or.jp/facility
 「各務原市福祉の里」の完成を機に、施設の受託経営を目的とした「社会福祉法人各務原市社会福祉事業団」を平成8年10月に設立。

【住所】各務原市須衛稲田7番地
【電話】058-370-7500

つくし(児童発達支援センター(福祉型))

⌚療育時間‖9:45〜14:45
 ことばや社会性の発達がゆるやかであったり、偏りが見られたりする就学前の幼児とその保護者に対し、保育を通して心身の発達を促し、家庭を中心とする日常生活への適応力を育てます。また、保護者の方に対し相談、助言等を通して、子育ての不安を減らし自信を持って子育てしていけるよう支援します。

たんぽぽ(医療型児童発達支援センター)

⌚保育時間‖9:45〜14:45 、個別訓練時間‖9:00〜15:55
 運動発達に支援が必要な就学前の乳幼児とその保護者に対し、保育を中心に理学療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食機能療法などの総合的な療育を行い、子どもの全体的な発達を支援します。
 保育では、(1)あそぶ力を育てる、(2)生活リズムを整える、(3)お母さんとの関係づくりを大切にしながら、保護者の子育てへの不安を軽減し、子育てを楽しめるようお手伝いします。
 訓練では、医師の診察による処方に基づき、療育の一環として、それぞれの療法士が個別に専門的な立場から、お子さんの発達課題に対し援助を行います。

さくら(児童発達支援事業)

⌚指導・懇談時間‖9:00〜16:25
 ことばや社会性の発達が気がかりな、又は、運動面に支援が必要な幼児とその保護者に対し、ニーズに応じた個別的な支援を行い、総合的な発達と社会生活への適応を促します。また、保護者に対しては、子供の特徴を理解し、子育てへの不安や悩みが軽減されるように支援します。
 さくらは主に年少以上の就園してるお子さんが、週1回通ってこられる施設です。個別、又は少人数のグループで活動しています。担当が1対1で付くことで、お子さんの発達特性に合わせた、きめ細やかな支援を提供しています。
 また、保育園、幼稚園訪問を実施する等、お子さんが通われている園と連携をしたり、就学に向けて市教育委員会と連携したりしながら就学支援を行っています。地域の保育所や幼稚園、学校とのつながりを大切にすることで、お子さんやご家族が地域で安心して過ごせるよう支援しています。

あすなろ(生活介護事業)

 知的障がいがある方に対し、一人ひとりの気持ちを大切にしながら自己決定の下で日常生活又は社会生活を営むことができるよう、食事や排せつなどの日常生活に必要な介護や、企業からの受託作業、自主製品作り、調理(平時)などの日常生活支援、外出等の余暇活動、検診、運動などの健康管理の支援を行います。

ぽぷら(生活介護事業)

⌚支援時間‖9:30〜15:30
 身体障がいの方、重症心身障がいの方に対して、食事及び排泄・入浴の介助、医療的ケア、機能訓練、リラクゼーション、五感を活かした取り組み、創作活動やレクリエーション等の機会を提供し、現有機能の維持・向上を目指し、利用者の方の楽しみの発見や生きる力の創出に向け、寄り添いながら、居心地の良い空間を作ります。

どんぐり(特定・障害児相談支援事業)

 障がいのある人、または子育てに不安がある人の思いに寄り添い、能力や特性に応じて自立したその人らしい生活が送れるように相談支援を行います。また、不安がある人に対しては適切な情報提供等を行い、不安の軽減が図れるよう支援します。
 計画相談支援においてはサービス等利用計画の作成を通して適切な福祉サービスの提供が行えるよう情報提供を行い、継続的にモニタリングを行う中で利用者の生活の質が高まるような相談支援を行います。

(以上 社会福祉事業団オフィシャルサイトより)
(コロナ禍で時間が短縮されている場合があります)

身体障害者更生相談所

https://www.pref.gifu.lg.jp/page/3103.html
 身体障害者の人に対して、医師・理学療法士・身体障害者福祉司などの専門職員が医学的・心理的判定及び相談・指導
 身体障害者手帳の交付。
▼補装具の購入または修理に要する費用の支給の制度
 補装具は、「身体の欠損または体の機能の損傷を補い、日常生活または職業生活を容易にするために必要な用具」として、身体に障がいのある方の能力を最大限にまで向上させ、社会復帰、社会参加のため重要なもので、身体上の障がいを補うための補装具の購入または修理に要する費用の支給が受けられます。

【住所】岐阜市鷺山向井2563-18(岐阜県障がい者総合相談センター内 1 階)
【電話】058-231-9715
     ⇒身体障害者更生相談所令和3年度版事業概要(令和2年度実績)

岐阜県知的障害者更生相談所

https://www.pref.gifu.lg.jp/page/4042.html
 県内の18歳以上の知的な発達に障がいがある方の様々な相談をお受けし、専門的な立場から助言・指導、総合判定を行いながら、問題解決に向けて一緒に考えていくところで、知的障害者福祉法に基づく専門機関。
 18歳以上の方の療育手帳に関する判定や発行。

【住所】岐阜市鷺山向井2563-18(岐阜県障がい者総合相談センター)
【電話】058-231-9723

岐阜県精神保健福祉センター

https://www.pref.gifu.lg.jp/page/6773.html
 県内における精神保健福祉活動の中核的機関として県民の精神的健康の保持増進を図るとともに、こころの病の予防から精神障がい者の社会復帰に至るまでの課題について、専門的かつ総合的に対応。

【住所】岐阜市鷺山向井2563-18(岐阜県障がい者総合相談センター2階)
【電話】058-231-9724

岐阜県発達障害者支援センター

https://www.pref.gifu.lg.jp/soshiki/22206/
(発達障害者支援センターのホームページより)
【住所】岐阜市鷺山向井2563-18(岐阜県障がい者総合相談センター2階)
【電話】058-233-5116
     ⇒岐阜県発達障害者支援センターリーフレット

岐阜県中央子ども相談センター

https://www.pref.gifu.lg.jp/soshiki/22301/
 児童福祉法に基づいて設置されている児童相談所で、悩みを持っているお子さん自身、ご家族、保育園や学校、地域の方から18歳未満のお子さんについて、あらゆる相談に応じ、共に考え、援助します。
児童相談所虐待対応ダイヤル電話:189番(いちはやく) 【住所】岐阜市鷺山向井2563-79(ぎふ清流福祉エリア内)
【電話】058-201-2111(代表)
    058-201-1583(家庭支援課第三係/各務原・羽島市担当)

岐阜県障害者権利擁護センター

(一般社団法人 岐阜県社会福祉士会)

https://www.gifu-syouken.info/index.html
 「岐阜県障害者権利擁護センター」は、平成24年10月1日施行された、 障害者に対する虐待の通報などを義務付け、虐待の予防・早期発見、案件発生後の速やかな当事者の権利の擁護を目指す「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)により規定されている、使用者(雇用主など)による虐待に関する通報又は届出や、相談等の対応窓口となります。
 一般社団法人 岐阜県社会福祉士会が岐阜県より委託を受けて運営しています。
 障害者虐待防止法 第36条に定める「都道府県障害者権利擁護センター」として、下記の業務を行います。
(岐阜県障害者権利擁護センターのホームページより)
【住所】岐阜市下奈良2丁目2−1 岐阜県福祉・農業会館 5階
【電話】058-215-0618
◆各務原市障がい者虐待防止センター◆
【電話】058-383-1126
【E-mail】sfukusi01@city.kakamigahara.gifu.jp




▲ページ先頭へ
姫イワダレソウとミツバチ
inserted by FC2 system